« ルミナリエまで | トップページ | 水分補給 »

2007年12月14日 (金曜日)

足のでんぼ

左脚首、肉球の上部分にプクっと"できもの"が見つかり

また、以前同様「虫刺され」と、思いましたが

"できもの"は、大きくなるばかり

「異物が刺さって入り込んだ場合は厄介、

以前の内服薬と注射で様子を見る」と、獣医。。。。。

しかし、4日後

"できもの"は、治まらず

レントゲン検査・細菌培養検査

「効きませんでしたかぁ~?異物かなぁ~?

検査機関に出しますので、針を刺しますがよろしいですか?

何処に行っても同じですよ、手術された病院に行きますか?」と、

獣医。。。。。  (-_-;)   「診察・治療するのが嫌なのか?」

小さな異物があったとしても、レントゲンに映ることは無いそうです。

数日後、

とうとう"水ぶくれ"は、この通り破裂し、獣医の元へ

025

あるかもしれない異物を出そうとしましたが、見当たらず

021
023

「消毒し、ガーゼを張って包帯を巻いて」と、獣医の指示通り

027

検査機関に出した細菌検査結果を待つ事となりましたが

数日後、

針で突いた1ケ所からは見つからず

「検査結果はマイナス、今後は切開手術となりますがぁ~どうしますか?」と、

獣医から、電話が有りました、

「相変わらず腫れがひどい為、今から行きます」と、言いますと

「前日から絶食しないといけませんから、そんなん急には無理ですよ~

     心配し過ぎるから、やりにくい」

と、獣医。。。。。(・へ・)  ※ある医療関係者さんは、人間なら大問題と指摘







結果

新規開拓病院へ

局部麻酔で、2ヶ所に穴を開けて、膿を出しました。

           (局部麻酔ちゅう方法があんねんやん!)

この膿出し、洗浄方法を間近で拝見、カメラ持参せず残念

結果この通り

107

亀吉は自宅では、こんな感じで過ごしておりました。

112

005_2

121 

エリザベスの衝撃、カユミが出て嫌がる包帯

噛み千切って取り外して

なめる、なめる、なめる、なめる

その結果、皮膚炎悪化

ステロイド・消炎剤の投薬治療も行う

007

本日、この青い糸とも

123

やっとバイバイできました。

003







間隙(かんげき)と、読むそうです

処置中、この言葉を獣医から聞いた時

「はぁ~?何ですか?」と、聞き返しました。

「"すきま、くうかん"の事です、使いますよ~!なぁ~」と、

助手に同意を求めてましたが

亀吉一家では使いません!

聞いたこともありません!

そして、友人は

「何それ?  医学専門用語・漢字検定試験・入試問題」





『獣医をたずねて三千里』      亀吉おかんの長い旅は続く

|

« ルミナリエまで | トップページ | 水分補給 »

コメント

キレイに治った感じですね~。よかったよかった。

この青い糸…
凛ちゃんの鼻の穴に手術の時、
鼻から突き出てたやつと、たぶん一緒やわ。
当時は、青い鼻毛みたいやってん(笑)。

投稿: まーさん(Qちゃん&凛+のんちゃん) | 2007年12月15日 (土曜日) 01時06分

亀吉くん、エリザベスの日々だったのですね。
不謹慎ですが、
きれいなブルーでお花が咲いているみたいです。
ヒマラヤに咲く蒼い花。m(__)m
でも、「獣医をたずねて~」は切実です。
今かかりつけの病院はすぐ麻酔して~になるのです。
どこまで信頼すれば・・・難しいわ。

投稿: まーみ | 2007年12月15日 (土曜日) 13時43分

こんにちは!
亀吉くん、大丈夫?膿は出し切ったのかな?

「心配しすぎるから・・・」私もそうやから、わかります(-_-;)
でも、「何か踏んだ」とか、「刺さった」とか喋ってくれれば
いいですけど、わかりませんもんね~。
いちの神経質なのは、多分 私の心配性が原因やと思います(T-T)

やっぱり、亀吉くん見てると いちとは他人やとは思えない・・・(~o~)
伏せして寝てる姿が一緒です(^^♪

投稿: りょう | 2007年12月15日 (土曜日) 14時25分

復活してはったんですね(~o~)
亀ちゃん、お誕生日おめでとうございます☆
画像は消えてしまってほんとに残念ですが、実物の亀ちゃんが居ますもんねっ!

足の出来物も心配していたんですけど…隙間に何らかの理由で膿が溜まって腫れていたという事なんでしょうかねぇ。
私も獣医さんには悩まされっぱなしです。
しかし、心配して何が悪いんでしょうかねぇ~(-_-;)

投稿: nana主 | 2007年12月15日 (土曜日) 16時39分

ブログを拝見して「すわ何事か!?」と、慌ててしましました。
抜糸までおわられたのですね。
心配性でいえば私もぐんママによく怒られます。
でも、獣医さんに『そんな細かい違いがよくわかりましたね』と、
いわれまして、気づかないよりは良いだろうと、
日々心配レーダーを張り巡らしております。

『間隙』は、『一瞬の間隙をつかれた』などで、
意味はわかりますが、普段の会話では使わないですね。

投稿: ぐんママ | 2007年12月15日 (土曜日) 18時31分

亀吉おかんさん大変でしたね。
ご苦労様でした

しかし亀吉君
エリザベスだったとは!!
これ、ワンコにとっては屈辱ですね。
だけど舐めちゃうと駄目だし。
大変でしたね。本当に。

獣医をたずねて三千里。
人事ではありません。
はっきりしないから聞いてるんですよね??
うちもそんな難しい言葉使いません
多分私なら
そんなん使わん!しらん!!

と言うでしょう~あははは。

綺麗になったようで良かった良かった。

ウメ子も病院選びで苦労しました。
明日また病院です
週1で通ってます。

投稿: ウメ子はは | 2007年12月15日 (土曜日) 19時25分

☆まーさん
ご心配頂きありがとうございます。
青い糸も抜いてくれましたが
もう~頭が痛いです。

☆まーみさん
この通り"青いケシの花"が、綺麗に咲いてくれました。
華岡青洲先生も喜んでくれたと存じます。
獣医が変わると診断や処置も変わるので
不安になります。

☆りょうさん
膿は何とか出し切ったようです
でも、原因は不明のままで、入り込んだままだと
また、腫れてくるのでしょうかねぇ~!
『ここに刺さって痛いねん』と、言ってくれると良いのですがね

いち君とそっくりでしょ、
ブログ拝見する度に「わぁ~」と、声が出てます。 ^^)v

☆nana主さん
ありがとうございます、写真が無くなっても居てくれますので
それだけで十分です ^^)

腫れの原因は結局解らず、
この先腫れなければ膿と一緒に出たと言うことなんでしょうね
"でんぼ"は、タコのようになって少し後が残るそうです。
心配し過ぎる・医学専門用語の連続
「はぁ~」と、ため息しか出ませんでした。

☆ぐんパパ・ママさん
ご心配ありがとうございます。
心配レーダーは今後もめいっぱい張り巡らせてまいります。
「言葉尻を取られる。。。。。」ようで、嫌みたいです。
『かんげき』と、耳にしました時は
新歌舞伎座に団十郎の襲名披露でも見に行く 観劇か
「ハウスバーモントカレーだよ~!」 秀樹感激~
の、どっちやねんと突っ込みを入れたくなりました。

☆ウメ子ははさん
お互い大変な年末でしたよね
病院探し、こんなに動物病院があると
飼い主との相性なんでしょうか
理解した上で納得した治療をしてほしい
ただただそれだけなんですがね

ウメ子ちゃん病院ですか?
気をつけて下さい、お大事にね!


投稿: 亀吉おかん | 2007年12月15日 (土曜日) 21時43分

そうか・・・普段から使うんだ・・・
秀樹、カンゲキ!!っていうやつは、
秀樹は自分のすきまの事を言ってたのかも知れん・・・
勉強になったわ~

人の話は聞きなさい!!って・・・
小学校以来言われたことない・・
しかも指、指をさされながらなんて・・・・
怖くて涙でそうやわ・・・・・
(これ、あかんかったら消してください)

投稿: 七、小六のおかあちゃん | 2007年12月16日 (日曜日) 00時27分

☆六・七・小六お母さん
だれが、
何で、
そんなぁ~、
消すもんですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

火曜日は、同席頂きまして、感謝致します。
本当にありがとうございました m(__)m

投稿: 亀吉おかん | 2007年12月16日 (日曜日) 09時27分

無事終わって よかったですね
フレンチは 「でんぼ」 が出来やすいそうな
うちの さくら は 指に出来たんで
ややこしかった
先生がしっかり切除してくださったんで
爪がちょっと長くなった(肉が盛らなくて)です

投稿: さくらのとーちゃん | 2007年12月17日 (月曜日) 12時53分

☆さくらちゃんのお父さん
さくらちゃんは指にでんぼでしたね
完璧な切除で家族も安心


投稿: 亀吉おかん | 2007年12月17日 (月曜日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルミナリエまで | トップページ | 水分補給 »