« 母の日 | トップページ | 四つ葉 »

2010年5月10日 (月曜日)

脚の手術をした事

検索キーワードを、見ると

【犬・股関節形成不全・大腿骨頭切除。。。。。】で、検索し

このようなブログを、見ている方が居ることに、驚きました。






3年前の春先、

亀吉の抱えた、股関節形成不全にともなう、

左後脚股関節に走る関節炎の痛みを

大腿骨頭切除と言う手段を選択し、私達は取り除いてやりました。

いくつかの病院で診察してもらい、県外のある病院で手術しました。

術後の経過を見て、

      「選んだ獣医に、間違いはなかった」と、思えるものでした。




当然、後脚の左右の長さは、違ってきますが、

私達の心配をよそに、亀吉は元気に歩いてくれました、

自宅から徒歩15分くらいの所に、広い草地があり、

   「術後の環境には、適していたのかなぁ~」とは、思えます。

P1040776

3年経過した、

今現在、

元気に歩いて、走りたい時には走ってますが、

我が家の選択が、偶然、亀吉には「良かった」と、思えるだけで、

   「全ての犬に、当てはまる方法なのか?」

   「最善の方法なのか?」と、聞かれましたら、

それは、解りません。

犬種が違ったり、同じ犬種でも

それぞれの性格・大きさ・体重も当然違います。

3年前の左後脚の手術で

    「治った・完治した」と、言える事では無く、

痛がっていたので、痛みを取ってやっただけです。

右後脚にも股関節形成不全を抱えています。

自己流のリハビリ・水嫌いで泳ぎもままならず・左右の長さが違う後脚が、

この先、歳を重ねて行く生活の中で、

どのような影響を及ぼすのか、及ぼさないのかは解りません。

ただ、あの時、手術を選択した事は

   「亀吉にとって、そして私達、飼い主にとっても良かった」と、

思っています。

P1040800_2

術後丸3年、

先月(4月1日)定期診察に行きましたが

   「両方の股関節も筋肉が上手くついてる、

   両膝も、きれいにはまってる、思った以上に緩和されたなぁ~」

執刀医のこの言葉は、

3年の月日に対する、飼い主への称賛と、素直に受けとって良いのか?

それとも、

   「この先も、飼い主次第、肝に銘じて歩んで下さい」と、言いたかったのか?

私達への、今後の課題と言い聞かせて

帰路につきました。

P1040795

我が家は、決して手術推進派ではありません。

   「切り取った物は、元には戻りません」

   「手術せずに仲良く、上手く付き合って長生きしている犬は、たくさんいる」

背骨に存在する、半側脊椎とも

この先仲良く、

上手く付き合い、共に歩んで行こうと思います。

008




そして、今も

難しい事は解りませんが

この子を【運び屋】に、しなくて良かったと思う

おかんの想いは、変わりません。





|

« 母の日 | トップページ | 四つ葉 »

コメント

亀吉君の過去の経験は、多くの同病の方の参考と
励みになってると思いますよ。
そして、なにより今元気で楽しく過ごしていること。
飼い主さんの愛情が伝わってきます。

みんな、いつ何があるかは分からない不安の中、日々楽しく、有意義に過ごしていきたいものですね♪

ワンコも飼い主も。

投稿: ぷぅママ | 2010年5月12日 (水曜日) 23時10分

初めて亀吉君のブログを訪れた頃、脚の病気や
手術の事が語られていた様に記憶しています。
あまりの重さに私は逃げ出していました。

リオがまだパピコで、ベルクもまだシニアの入口で、
ブログにも慣れていませんでした。
3年経つのですね・・・。

縁あって家族になった犬を最後まで愛惜しむ想い
があれば、色んな選択があって良いのでは・・・。

と、悟った風なことを言ってますが、ベルクのことを
思い出してはつい涙、、あかんたれです!

四つ葉のクローバー!
私はまだ見つけたことがないのに~、スゴイです♪

投稿: まーみ | 2010年5月12日 (水曜日) 23時33分

3年って早いですね~
1年半くらい前(お会いする前)にブログを見つけ、同一病
を持つミルクのため秘かに勉強させてもらってました。

何でここまで教えてくれるのっ! とビックリする
ほど分かりやすくまとめられ、大変参考になりました。
いろいろとありがとうございました。coldsweats01

おかんさんのご意見と同様に、ミルクの場合も手術して
よかったと思ってます。 これからも、またいろいろと
ご意見をお聞かせ下しね!

投稿: ミルクパパママ | 2010年5月13日 (木曜日) 01時35分

riceballぷぅママさん
カテゴリーの大腿骨頭切除を
繰り返し見ている方も居るようです。
手術したくてした訳では無いだけに
複雑な気持ちになります。

riceballまーみさん
当時、重い課題で私達には苦渋の決断でした
推進派では無いのに、
「手術すれば治る・良くなる」と、思いこまれると
「個々に違いが有る」と、思うだけに複雑です。

riceballミルクパパママさん
膝の脱臼にも、複数の症状があります、
亀吉の場合は、軽度であった為、緩和されたようです。
走り回って遊ぶ事が苦手な事も
緩和された要因かも知れません。

投稿: 亀吉おかん | 2010年5月14日 (金曜日) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の日 | トップページ | 四つ葉 »